« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月27日 (月)

外壁塗装の前夜?

先日ご契約をいただいたI様のお宅です。

外部の塗装工事のご依頼を頂き、お正月明けから工事を開始します。

Ii_s どんなに変身するか、今からお客様ともども、楽しみです。(*^_^*)

工事の様子も、ブログでお知らせしていきますので、変身振りに乞うご期待ください。(*^^)v

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━☆・‥…

Image001_3   

Kyutoki_3 Toilet_2 Gaiheki_2 

詳しくはこちら      詳しくはこちら       詳しくはこちら   

お電話によるお問い合わせ

Tel_2
営業時間AM 9:00~PM 5:30(定休日/水曜日・第2・4木曜日) 
お気軽にお問い合わせください! 

 
01_3 
リフォームのご相談、お問い合わせはこちらから
 
02
無料でリフォームに関する見積もりサービスをご提供しています。
03 リファインへの資料はこちらから。

 快適住まいのリフォーム

株式会社 リビングショップ リファイン学園前・西和のホームページはこちらから

                         

株式会社 リビングショップ リファイン学園前・西和

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥━━━☆・‥…

2010年12月23日 (木)

太陽光発電補助金について

本日メディア向けに、下記の通り次回分の太陽光発電に対する補助金の詳細が発表されました。
導入を検討されている方は、ご参考にしてください。

現行の補助金は、12月24日以降も切れ目なく継続します 

         詳細は、J-PECホームページでご確認ください
       http://www.j-pec.or.jp/news/t10122201.html


「住宅用太陽光発電導入支援対策補助事業」の報道発表等について

平成22年4月26日から募集を行っております「平成22年度住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金」については、間もなく予算枠に達する見込みです。達し次第、受付を終了いたします。

引き続き、新規の「住宅用太陽光発電導入支援対策補助事業」に移行してまいりますが、この件に関し、本日(平成22年12月22日)、プレスリリースを発表いたしましたので、ご案内申し上げます。 新補助金の概要は下記のプレスリリースをご覧ください。

また、当該補助金用の制度の概要として、下記「実施細則」「申請要領」「技術仕様書」も併せて掲載いたしますのでご確認ください。

申請様式等に関しましては、12月24日を目処にホームページで公開いたしますので、今しばらくお待ちください。

以上本日の最新ニュースでした。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━☆・‥…

Image001_3   

Kyutoki_3 Toilet_2 Gaiheki_2 

詳しくはこちら      詳しくはこちら       詳しくはこちら   

お電話によるお問い合わせ

Tel_2
営業時間AM 9:00~PM 5:30(定休日/水曜日・第2・4木曜日)
お気軽にお問い合わせください! 

 
01_3 
リフォームのご相談、お問い合わせはこちらから
 
02
無料でリフォームに関する見積もりサービスをご提供しています。
03 リファインへの資料はこちらから。

 快適住まいのリフォーム

株式会社 リビングショップ リファイン学園前・西和のホームページはこちらから

                         

株式会社 リビングショップ リファイン学園前・西和

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥━━━☆・‥…

2010年12月21日 (火)

昨日の結果報告です。!(^^)!

ジャジャジャ、ジャーン!! いきなりのベートーベンで開始。

お客様の浴室扉、見事復活いたしました。パチパチパチ

ついでに他の不具合も全て調整し、大変喜んでいただきました。

その後お茶をご馳走になり、雑談などお話をご夫妻と2時間あまり。

楽しいティータイムでした。

お代金、ビス代その他〆て500円のメンテナンス工事でした。(*^^)v

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━☆・‥…

Image001_3   

Kyutoki_3 Toilet_2 Gaiheki_2 

詳しくはこちら    詳しくはこちら     詳しくはこちら   

 

お電話によるお問い合わせ

Tel_2
営業時間AM 9:00~PM 5:30(定休日/水曜日・第2・4木曜日)   
お気軽にお問い合わせください! 

 
01_3 
リフォームのご相談、お問い合わせはこちらから
 
02
無料でリフォームに関する見積もりサービスをご提供しています。
03 リファインへの資料はこちらから。

 快適住まいのリフォーム

株式会社 リビングショップ リファイン学園前・西和のホームページはこちらから

                         

株式会社 リビングショップ リファイン学園前・西和

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥━━━☆・‥…

2010年12月20日 (月)

こんにちは。(^o^)/

今日は朝目が覚めると、道路は雨が降って濡れていました。

でも今は太陽も出て良いお天気です。(*^_^*)

午後に17年前に改装工事をさせて頂いたお客様の、浴室の扉の取っ手の修理にお伺いします。

実は17年も前の商品なので、もちろん廃番で部材も在庫なし。(>_<)

そこでホームセンターへ行って、何か役に立つ部品を探し流用する予定なんです。

部品はもう準備していますので、午後は職人さんになって作業をしてくる予定です。

うまく行ったかどうかは、明日のブログでご報告致します。(^_-)-☆

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━☆・‥…

Image001_3   

Kyutoki_3 Toilet_2 Gaiheki_2 

詳しくはこちら    詳しくはこちら     詳しくはこちら   

 

お電話によるお問い合わせ

Tel_2
営業時間AM 9:00~PM 5:30(定休日/水曜日・第2・4木曜日)   
お気軽にお問い合わせください! 

 
01_3 
リフォームのご相談、お問い合わせはこちらから
 
02
無料でリフォームに関する見積もりサービスをご提供しています。
03 リファインへの資料はこちらから。

 快適住まいのリフォーム

株式会社 リビングショップ リファイン学園前・西和のホームページはこちらから

                         

株式会社 リビングショップ リファイン学園前・西和

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥━━━☆・‥…

2010年12月18日 (土)

おはようございます。(^o^)/

今日も寒い朝ですが、土曜なので未だお布団の中に居られる方が多いことでしょう。(*^_^*)

今日は朝から例のカレンダー配りに出掛ける予定です。

本日の目標は、20軒のご訪問です。

久しぶりにご訪問をするご家庭も多いので、お会いするのが楽しみでもあります。

奈良の旧市内(東大寺の近辺)や、平城旧跡・法華寺の近くなど、歴史を感じる場所の近くへ行きます。もちろん鹿さんにも、会ってきますよ。(*^^)v

中々良い環境で仕事をしていますでしょ。他府県の方からすれば、少しうらやましいかな?(^_-)-☆

2010年12月16日 (木)

建築と神様について

前回は大掃除についてでした。

今回は、住宅建築と神様について、我々日本人の生活の中を振り返りたいと思います。

住宅建築と神様の関係

 例えば、新築時の地鎮祭や棟上げ式(上棟式)などは、その典型と言えるでしょう。最近は、餅まきの風習も随分少なくなりましたが、件数が減っただけで、なくなったわけではありません。
 昨今の設計図からは、仏間の表現が、単なる和室と書き換えられていますが、仏間がなくなったわけでもありません。神棚と仏壇の位置関係には、常に頭を痛める問題ですし、様々な宗教的意味合いは、必ず住宅に反映されています。
 大黒柱と呼ぶ由来には、富を司る大黒様の名前にちなみ、「大黒柱」になったという説があります。
 日本家屋では、一本一本の柱を横木としっかりと固定していません。地震に対して上下運動することで、横揺れを防ぐ計算だからです。けれど、この構造では、建物全体の重量を支えるには危ういものとなります。そのため、一番太い柱に全ての梁をかけ、屋根を支える構造としました。

 昔は、この中心的な太い柱に面し、台所が作られるのが一般的で、そこには厨房の神様、大黒天をお祀りしました。そこから、この柱を「大黒柱」と呼ばれるようになったという説です。
 大黒柱を用いる住宅建築は少なくなっていますが、反面、その安心感を求めるお客様も大勢いらっしゃいます。

 とりとめもない話になりましたが、それだけ、現代の日本の建物にも、神様が息づいているということであり、神様に守られて生活していると思えば、心強く新年を迎えることもできるのではと愚行する次第です。

2010年12月14日 (火)

12月と言えば、昔は大掃除が一大イベントでした

今日は少し、大掃除の起源に付いて書いてみます。

 大掃除の風習が、しっかりと根付いたのは、江戸時代からのようです。その当時は、師走十三日が「すす払い」の日として、武家屋敷や町屋、長屋に至るまで、江戸をあげて大掃除を行ったようです。
 元々は寛永十七年(1640年)十二月十三日に、江戸城のすす払いを行い、これを恒例としたのが始まりらしいのですが、この風習は、明治、大正、昭和と引き継がれ、戦前頃までは大掃除と言えば、十三日が当たり前となっていました。
 お正月の祭神様を迎えるにあたり、家中の汚れ(穢れ)を落し、一年分の厄払いをしておく。つまりは、一種の神事であると同時に、「すす餅」をついて神へのお供えとしたり、食膳に特別なごちそうを出したりして、お祭り気分の季節行事でもあったようです。

 また、この日は「正月事始め」の日でもあり、お正月の準備を開始する日として、門松用の松を採りに行く「松迎え」なども行われていました。
 現代では、「松迎え」がどうなっているのか、良く判りませんが、寺社仏閣用の物はともかくとして、一般家庭用として売られる門松が全て13日ころに用意されるとは考えにくいと思われます。

 それだけ、大掃除=神様をお迎えする神事の性格が薄まっていると同様に、「お正月」そのものの意味合いが変化しているのかもしれません。
 けれど、こうした風習や神事の名残のようなものは、様々なところに残っています。特に、住宅建築の世界では、神様との繋がりは切っても切れません。

次回は、我々建築の世界と神様についてお話したいと思います。(^o^)/

2010年12月13日 (月)

人の喜びが、自分の喜びになれる時

おはようございます。

今日は生憎、朝から冷たい雨模様です。(ーー;)

こんな時は皆様、風邪にはお気をつけ下さい。

僕が読んでいるメルマガの一つに、下記の内容が載っていました。

僕の仕事にも通じるところがあり、心を新たにしました。皆様にも一度読んでいただきたいと、下記に載せてみました。

私が婚礼係りをしているとき、
僧侶の結婚披露宴を担当したことがあります。
打ち合わせでのご希望は、
最初のセレモニーでウエディングケーキカットの代わりに、
仏教の儀式である「散華(さんげ)」を行いたい、
とのことでした。

それについて相談した打ち合わせ担当責任者のある人の見解は、
「ウェディングケーキは、会場の装飾の総合演出の一つなので、
 それを除くわけにはいかないし、そんな前例はない。
 どうしても、それがしたいのなら、直接、総料理長に相談しろ」
ということでした。
ちょっと腹が立ちました、なんのための責任者なのかと。
しかし同時に、そのとき私が思ったことは、
(ダメではないんだ、まだ可能性がある)

総料理長が、私に言ったことは
「会場の見た目が、これまでのイメージと当然異なる、
 それを、ゲストにきっちりと説明できるのか?」
ということでした。
ゲストの望みをかなえるために、私がここでひるむわけにはいきません。
できるかどうかわからないけど、出来ると信じて努力するだけです。

サービスキャプテンも初めてのことに戸惑ったことでしょう。
打ち合わせは、通常よりも時間も回数も掛かりましたが、
当事者であるゲストも快く打ち合わせに出向いてきてくれました。

当日の披露宴は、新郎新婦の入場は、
僧侶10数名による声明の生演奏が行われ、
蓮の花びらを模した紙製のカードを新郎新婦が2人で、
会場に散華する、つまり播くセレモニーで華やかに厳かに始まりました。
そのとき私は金屏風の裏で、
こっそりと成り行きを見守っていたのですが、
媒酌人の挨拶で、
「たくさん結婚式は出てきたが、こんな素晴らしい結婚式は初めてや」
という言葉を聞いたときに感じた安心と喜びは、
いまでもその状況とともに、鮮明に思い出します。

私の意図は「ゲストの願いを叶えたい」。
私の得たかった結果は「ゲストに喜んでもらいたい」。
私自身に対する意図と結果はありませんでした。
しかしその結果、私自身が得たものは、予期せぬ大きな喜びでした。

相手の立場に立つ、相手のことを思いやる、
そうそう簡単なことでは無いと思います。
総料理長に直接相談しに行くには、かなり勇気がいりました。
が総料理長は「よく、相談しに来た」とも言ってくれました。

思いやりや愛情は、同時に勇気も必要です。
意図は何か、得たい結果はどのようなものか、
それは誰のためか、
私たちは、いつでもそう考えることができます。

いかがでしたか?

ご感想などあれば、お聞かせいただければうれしいです。(*^_^*)

2010年12月 9日 (木)

こんばんは。今話題の太陽光発電について。

今日は風が冷たく、寒い一日でしたが皆様はいかがでしたか?

今日は最近お問い合わせも多く、実際に設置工事もさせていただくことが多くなった、太陽光発電システムの話題です。

早速ですが、ネットで衝撃的な記事を発見しました。

住宅用太陽電池の14%で不具合発生 10年以内に20%交換のメーカーも
http://eco.nikkeibp.co.jp/article/report/20101118/105293/?mail

詳しくは記事をお読みいただきたいのですが、メーカーによれば発電効率低下のために電池モジュールのクレームによる取替えが結構多いとの報告です。

一番販売量の多いメーカーが、取替え割合も一番だということです。よく設置工事店もメーカー単一の系列店もありますので、複数メーカーを扱っているところにご相談されるのも、一つの方法かもしれませんね。

2010年12月 7日 (火)

今日は少し肌寒い、冬の曇り空です。(ーー;)

こんにちは、皆様は風邪など引かれていませんか?

私も早く行かないと行けなかったのですが、インフルエンザの予防接種に行こうと思っています。

思えは一年前は、新型インフルエンザ騒ぎでワクチンが足らないと大騒ぎになっていましたね。

お陰様でワクチンのお世話にもならず、無事に過ごしております。!(^^)!昔の例えどおり「塞翁が馬」、元気が何よりです。

先日大阪に行くことがあり、その時有名な宝くじ売り場なんでしょうか人だかりを見て、12月の風物詩かな何て思った次第です。

そこで関西弁の川柳一句

買ったら当たらん、買わなきゃ当たらん、宝くじ (^_-)-☆

2010年12月 6日 (月)

昨日は、

古くからのお客様からお電話を頂き、朝からご自宅にお伺いして来ました。

お客様は、80歳を過ぎたご高齢です。
ご依頼を受けた内容は、照明器具の蛍光灯の取替えでした。

脚立を持って行き古い蛍光灯を外し、近くの家電量販店で蛍光灯を購入して行きました。
やはり天井に取り付けられた器具の交換は、高齢の方には一寸無理な感じがします。

これからの高齢化社会が進む中、こんなご依頼を誠実に受けれる会社が必要だと感じる日曜の朝でした。(*^^)v

2010年12月 3日 (金)

終の住宅

今朝は、20年以上のお付き合いのあるお客様の所へ、塗装屋さんと行って来ました。

幸い雨は、降っていませんでした。

3人のお子様も皆様独立され、ご夫妻だけの二人住まいです。

ご主人様は何度かご病気にあわれており、今回は奥様からご相談をお受けしての訪問でした。

お子様たちは、皆様ご実家に帰ってこられるご予定が無いということなので、私共からは費用を掛けない必要最低限のご提案をお勧めし、次回お見積書をお届けすることになりました。

私も二人の息子が居りますが、それぞれ独立しているため今の住まいもこの先どうなるのかなぁ、なんて考えてしまいます。

そんな時、身近にお客様の立場になって相談に乗れる存在が、今後は更に必要になります。

そんな存在に、我社もなって行こうと思う訪問でした。(^o^)

2010年12月 2日 (木)

今日から12月?

12月は昨日から始まっているんですが、弊社は水曜と第2・4の木曜が定休日のため、実質12月は今日からなんです。(*^_^*)

今年もあっという間に、後一ヶ月になりました。

世間では、クリスマスにお正月の準備と師走の雰囲気が漂って来ています。

私共でも12月は、お正月を迎えるまでにリフォーム工事を完了するようにご依頼を受けた仕事の完成に、大変忙しくなる季節です。

又この時期ならではで、毎年OBのお客様に今年完成したりフォーム工事の中から、12件を選んだ自作のカレンダーをお届けしています。

毎年、皆様心待ちに楽しみにして頂いていますし、来年にご計画をされていることがあれば、その時にお話を伺って帰ることも度々ございます。

一年に一度のそんなやり取りに、創業以来30年の歴史と、応援してくださったお客様への感謝と喜びの気持ちが、心の中に涌いて来ます。!(^^)!

そんなうれしい12月でもあります。<(_ _)>

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »