« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月16日 (木)

日本が大産油国になれる日が・・・。!(^^)!

奈良のリフォーム、リファイン学園前・西和の石原です。

ここ数日は雨空が続いていますが、皆様の所ではいかがですか?

さて先日の新聞に、原発問題に関連したうれしいニュースが書かれていました。

----------------------------

以下、メルマガの記事から

「日本が東洋のサウジアラビアになるかもしれない」

日本の近海には、「メタンハイドレートが世界一多い」と。

(前号を読んでいない方はまずこちら↓

http://archive.mag2.com/0000012950/20120213213350000.html )


▼メタンハイドレート、日本で世界初の海底採掘!


<メタンハイドレート、渥美沖で採掘へ…海底は初

読売新聞 2月14日(火)11時50分配信

 次世代のエネルギー資源として期待される「メタンハイドレート」
の採掘試験に向けた作業が14日朝、愛知県渥美半島沖で始まった。

海底で採掘するのは世界初の試みで、

商業化が実現すれば、天然ガスなどの資源を輸入に頼る日本
にとって、待望の国産資源となる。

地球深部探査船「ちきゅう」(総トン数約5万6700トン)が、愛
知県沖約70キロ・メートルの地点で準備作業に入り、夕方以
降、本格的な採掘試験に着手する予定だ。

試験は、独立行政法人「石油天然ガス・金属鉱物資源機構」
が、経済産業省の委託を受けて行う。

メタンハイドレートは、メタンガスと水が結晶化した天然ガスの一種。

静岡県から和歌山県にかけての海域には、メタンハイドレー
トを含む地層が広がり、日本で消費される天然ガス13年分
の量が埋蔵されているという。>

コメントは必要ないと思いますが、「原発絶対安全神話」が崩れ、
「メタンハイドレート実用化」への歩みが加速しています。

--------------------

ところがもっとすばらしい研究実用化が、進められていました。

しかも日本の頭脳が、国産化を目指しています。

--------------------

NPO法人ジャパンイニシアチブ/天野統康の紹介です。

▼藻の油が、超エネルギー革命を起こす!

オーランチオキトリウムという藻が石油を作り出
す技術をご 存知ですか?

石油を効率的に作る藻、オーランチオキトリウムをわかりやすく解説
<
http://10douga.blog90.fc2.com/blog-entry-579.html>
http://10douga.blog90.fc2.com/blog-entry-579.html


「2万ヘクタールの面積があれば日本の年間石油消費量を賄える。
日本中にたく さんある耕作放棄地を一部利用すれば実現可能。
1000億円くらいの予算があれば6~10年くらいで実用化できる見通し。」


オーランチオキトリウムの実現を推進しているのは、元長野県知
事の田中康夫衆 議院議員です。

実は、私の周りではメタンハイドレードの評判があまり良くありません。

海底を掘ることが地震などを誘発し、危険だというのです。

私も詳しくはわかりませんが、オーランチオキトリウムの活用によ
って日本のエ ネルギーの自給自足を実現することが日本自立
の最短の道なのではないか、と思っています。>

聞き手は環境ジャーナリスト・富永秀一さん。

解説は、筑波大学大学院生命環境科学研究科、渡邊信教授。


・藻から油が取れる

・今の石油は、「もともと『藻』が変化したもの」という説が有力

・藻がつくった油は、「石油」のかわりになる

・燃料として利用できるのはもちろん、藻の油からプラスチッ
クをつくることも可能

・これは完璧な「石油代替エネルギー」であり、「再生可能エ
ネルギー」である

・ガソリンにもなるので、今のインフラを全部そのまま利用し
つづけることができ、社会構造を変化させる必要がない

(例、電気自動車の普及には、全国各地に充電装置の設置が必要)


・藻油の製品化はされていないが、実験はかなりすすんでいる

・藻油で、飛行機、自動車を動かすのは実験済み

・渡邊教授のグループは、油を大量に出す藻「オーランチオ
キトリウム」を発見した

・オーランチオキトリウムは成長が速く、「4日ごと」に収穫できる

・その場合、1ヘクタールあたりの油生産量は年間1000トン(!)に達する

・さらに効率的なやり方を導入すれば、年間生産量は1万ト
ン(!!!)に達する

・日本の年間原油輸入量は2億トン

・年間原油輸入量を「藻」でまかなうには2万ヘクタールあればいい

・2万ヘクタールとは、日本の「耕作放棄地」のたった5%
(!!!)に過ぎない

・藻油の生産コストは、リッター50~100円で、原油以下も可能

・2万ヘクタールといわず、もっと大規模に生産すれば、日本は
油輸出国になれる

・そして、世界からエネルギー問題はなくなる

・藻油の実用化と普及を目指すための組織が「藻類産業創成
コンソーシアム」

・この組織には、「豊田中央研究所」「デンソー」「キッコーマン」
「出光興産」など日本企業50社以上が参加している

・藻油で日本の石油需要をまかなえるようになるために必要
な期間は10年、投資は1000億円程度である

・成功した場合の見返りは250兆円(!)

・アメリカはすでに「藻油」の研究に産官一体となった取り組みをしている

・その理由は、「国を守るため」である

・渡邊教授には海外からのオファーもあるが、教授は「日本発」にこだわる

・それは、日本が世界で一番「平和志向」が強いからである

▼今の日本に必要なこと

前号でも書きましたが、日本が勝ち目のない戦争に突き進んでいっ
た最大の理由は、「エネルギー問題」にありました。

アメリカ、イギリス、中国、オランダが結託し、日本が石油を買えない
いようにしたのです。(ABCD包囲網)

今もこういう状況は変わっていません。

日本のエネルギー自給率はたったの4%。

再びアメリカとの仲が険悪になれば、あの国は日本を、2次大戦
前と同じ手法で追い詰めることができます。

だから、日本は「エネルギー自給率100%」を目指すべきです。

(もちろん、アメリカと良好な関係を保つことは安保上絶対必要)

「・・・・・・・そんなの絶対ムリだ!」

というのが、今までの常識でした。

しかし、メタンハイドレートもあるし、藻油もある。

太陽光も太陽熱も地熱も風力も小型水力も、全部やったらいい。

今の日本には目標が必要です。

明治政府の目標は、経済力と軍事力で欧米列強に追いつくこ
とでした。

戦後の目標は、経済力で欧米に追いつくことでした。

目標があるとき、日本はとんでもない集中力で、爆発的成長を
遂げたのです。

しかし、バブル崩壊後、日本は目標を失いました。

もう20年以上も、目標なく漂流している。

今度は、「エネルギー自給率を100%にする!」という目標をた
てたらどうでしょうか?

それが、経済にも劇的効果を生みます。

たとえば、耕作放棄地の5%といわず、100%を「藻油」生産施設にすれば?

理論的には、日本の原油輸入量の20倍(!)の油を生産することが
できるようになる。

すると、日本は「油輸出大国」になります。

「貿易赤字国家に転落!」とか「経常黒字もいつまでつづくやら」など
と悩む必要もなくなるでしょう。

電気自動車の設備を全国津々浦々に設置するのも、景気を刺激します。

日本の公共施設全部に「ソーラーパネル」を設置すれば、これも経済
活性化に貢献します。


今の閉塞感を打開するためには、なにか国民がワクワクするような、
元気が出るような目標が必要。


「不退転の決意で『大増税』します!」

「消費税は【倍増】、所得税も、法人税も全部上げます!」

「不退転の決意で【トリプル大増税】にとりくみます!」


とか、


「国を開かねば『世界の孤児』になるので、農業は壊滅してもTPP
に参加します!」


とか、目標きくだけで、国民はゲンナリしちゃうんですよ。


それより

「日本はエネルギー自給率100%を目指します。

それは、現実的な目標です。

藻油もあるし、メタンハイドレートもあります。

太陽光も太陽熱も地熱も小型水力も風力もゴミバイオもあります。

そして、『エネルギー革命』のプロセスで、日本経済は大復活します」


どうですか?

なんかワクワクしてきませんか?


「エネルギー革命による、日本経済大復活!」

「日本のエネルギー自給率を100%にすることで、日本経済を大復活させます!」

------------------

私も社員諸君がわくわくするような何か目標を示して、

若い人達に道を譲りたいと思っています。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…

住宅に関する詳しいご相談等は、リファイン学園前・西和両店まで、ご遠慮なくお問合せ下さい。

また以前のブログでお知らせしました通り、リフォームに関するご質問にお答え致します。

何なりとコメント欄より、ご遠慮無くご質問・ご相談下さい。

---------------------

今話題の太陽光発電の、実際の生レポートです。

 太陽光発電システム 発電量レポート

Solarbanar

気になる、発電量こちらをクリックしてください

----------------------------------------------------------------

新キャンペーンとしまして、下記のキッチンと浴室のリフォームキャンペーンを

ネット特別込み込み価格にてご案内しています。

非常にお得な価格とプレゼント付です。

一度クリックして詳しい内容をご覧下さい。

  Image001_3

Kyutoki_3  Toilet_4    Gaiheki_2

  詳しくはこちら          詳しくはこちら            詳しくはこちら  

Kitchen_banner_2  Bath_banner_2 

  詳しくはこちら          詳しくはこちら  

お電話によるお問い合わせ

Tel_2
営業時間AM 9:00~PM 5:30(定休日/水曜日・第2・4木曜日)
お気軽にお問い合わせください! 

 
01_3 
リフォームのご相談、お問い合わせはこちらから
 
02
無料でリフォームに関する見積もりサービスをご提供しています。
03 リファインへの資料はこちらから。

 快適住まいのリフォーム

 株式会社 リビングショップ リファイン学園前・西和のホームページはこちらから

                         

           株式会社 リビングショップ リファイン学園前・西和

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…

2012年2月12日 (日)

離れと広縁の増改築工事が、始まりました。

奈良のリフォーム、リファイン学園前・西和の石原です。

寒い日が続いていますが、皆様風邪など引かれていませんか。

3年前にリフォーム工事をさせていただいた、京都府木津川市のF様のお宅で、

離れと広縁の増改築工事を着工いたしました。

築50年以上の古民家

ご希望のプランは、浴室など水周りの別建物と母屋を結合させるため、

屋根の結合部分が大変複雑になるので、雨漏り対策も十分検討しました。

着工前の写真です。

 Fukus101  Fukus100

最初は、解体工事そして基礎工事です。

 Fukus125  Fukus124  Fukus123

基礎養生が終わったら、柱など構造の組み立てです。

 Fukus121  Fukus122

  Fukus126   Fukus120

天候にも恵まれ、順調に進行しています。

3月の完成を目指して、これからも工事の進行を報告して行きます。

F様、3月の完成を楽しみにお待ちください。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…

住宅に関する詳しいご相談等は、リファイン学園前・西和両店まで、ご遠慮なくお問合せ下さい。

また以前のブログでお知らせしました通り、リフォームに関するご質問にお答え致します。

何なりとコメント欄より、ご遠慮無くご質問・ご相談下さい。

---------------------

今話題の太陽光発電の、実際の生レポートです。

 太陽光発電システム 発電量レポート

Solarbanar

気になる、発電量こちらをクリックしてください

----------------------------------------------------------------

新キャンペーンとしまして、下記のキッチンと浴室のリフォームキャンペーンを

ネット特別込み込み価格にてご案内しています。

非常にお得な価格とプレゼント付です。

一度クリックして詳しい内容をご覧下さい。

  Image001_3

Kyutoki_3  Toilet_4    Gaiheki_2

  詳しくはこちら          詳しくはこちら            詳しくはこちら  

Kitchen_banner_2  Bath_banner_2 

  詳しくはこちら          詳しくはこちら  

お電話によるお問い合わせ

Tel_2
営業時間AM 9:00~PM 5:30(定休日/水曜日・第2・4木曜日)
お気軽にお問い合わせください! 

 
01_3 
リフォームのご相談、お問い合わせはこちらから
 
02
無料でリフォームに関する見積もりサービスをご提供しています。
03 リファインへの資料はこちらから。

 快適住まいのリフォーム

 株式会社 リビングショップ リファイン学園前・西和のホームページはこちらから

                         

           株式会社 リビングショップ リファイン学園前・西和

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…

2012年2月 1日 (水)

京都市のM様の和風建築、家具も入りました。

奈良のリフォーム、リファイン学園前の石原です。

昨年末完成させていただいた京都市のM様のお宅へ、

昨日完成後の撮影も兼ねて、お伺いしてきました。

立派な家具も入り、見違えるように落ち着いたお座敷で、

お茶をいただきながら、お話をさせていただきました。

 Matus106  Matus107  Matus105

 Matus110  Matus108  Matus103

隣の寝室も、壁クロスにトリムラインを入れて

大人の落着きあるお洒落感を漂わせていました。

 Matus100  Matus111  Matus102

Matus109_3 これからのご夫妻の憩いの場になることを祈っています。

M様、末永くお二人仲良くお過ごしください。

今後共よろしくお願い致します。

ありがとうございました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…

住宅に関する詳しいご相談等は、リファイン学園前・西和両店まで、ご遠慮なくお問合せ下さい。

また以前のブログでお知らせしました通り、リフォームに関するご質問にお答え致します。

何なりとコメント欄より、ご遠慮無くご質問・ご相談下さい。

---------------------

今話題の太陽光発電の、実際の生レポートです。

 太陽光発電システム 発電量レポート

Solarbanar

気になる、発電量こちらをクリックしてください

----------------------------------------------------------------

新キャンペーンとしまして、下記のキッチンと浴室のリフォームキャンペーンを

ネット特別込み込み価格にてご案内しています。

非常にお得な価格とプレゼント付です。

一度クリックして詳しい内容をご覧下さい。

  Image001_3

Kyutoki_3  Toilet_4    Gaiheki_2

  詳しくはこちら          詳しくはこちら            詳しくはこちら  

Kitchen_banner_2  Bath_banner_2 

  詳しくはこちら          詳しくはこちら  

お電話によるお問い合わせ

Tel_2
営業時間AM 9:00~PM 5:30(定休日/水曜日・第2・4木曜日) 
お気軽にお問い合わせください! 

 
01_3 
リフォームのご相談、お問い合わせはこちらから
 
02
無料でリフォームに関する見積もりサービスをご提供しています。
03 リファインへの資料はこちらから。

 快適住まいのリフォーム

 株式会社 リビングショップ リファイン学園前・西和のホームページはこちらから

                         

           株式会社 リビングショップ リファイン学園前・西和

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »